冷たい飲み物を飲んでいると、グラスの水滴が底に流れて何度も拭かなくてはならないので煩わしいですよね。

そんなガラスについた水滴が桜の花びらの型になる事で今人気なのが「さくらさくグラス 」です。

一般的なグラスの底はツルツルしていますが、きれいなサクラ模様ができるように江戸硝子の職人が一つ一つ丁寧に底面をヤスリで削り、そこに水滴がつく事でキレイな桜の花びら模様になるように工夫されてつくられています。

グラスのデザインは、ウイスキーを飲むときに丁度いいロックグラスや麦茶やビールを飲むときにピタリの細長いタイプのグラスなどがあり、色も「桜色」と「クリア」の色があります。

桜色とクリアをセットにして紅白でお祝いの時のプレゼントに送られる方も多いそうです。