年齢と共に代謝が下がりブヨブヨとなってきたカラダ、お気に入りの服も若い頃のようには着こなしが決まらない。

可愛い服が好きで切ると、若作り感が出てしまい「いたい!」こんな悩みありませんか。

みなさんは服装戦略スタイリストの窪田千紘さんをご存知ですか?

「大人体型のきれいを引き出す着こなし作戦」という著書が異例の大ヒット!

ご自身のブログも30代からのファッションのジャンルでは1位と今大人の女性に絶大な支持を得ているスタイリストなんです。

ブログのURLは→https://ameblo.jp/jphotostyling/

その窪田さんがTV【ビビット】に出演して簡単に出来る大人の着やせ術を披露しましたのでそのポイントは足首・手首・首をだすことです。

棒ラインコーデ

全体の印象を一本の棒にする。縦のラインが強調されるので全身がスッキリ見えるそうです。

トップスに柄が入っているものを選んで、その柄と同じ色の長めのワイドパンツを選び同じ色にして統一する。

この時、トップスをボトムの中にインすることで脚長効果がある。さらに、足全体に目が行くのでお腹ポッコリが気にならない。

ボーダー柄を選ぶとき、太いボーダーラインだと太く見えるので細いラインのボーダー柄を選んで、首回りは、程よく開いているボートネックなど選ぶとスッキリ見える。

上半身に視線を集中コーデ

全身を隠そうと覆い過ぎるのもメリハリがないスタイルになってしまうので、上半身に目を向けさせて全身の印象をぼやけさせる。

上半身には引き締め効果がある黒を選び、下のボトムは足首が見える丈のネイビーのガウチョパンツを選んでシンプルにする。靴は黒を選びます。

そして、首回りに明るい色のストールを巻いて上に視線が行くようにする。

ワンカラーコーデ

トップスとボトムに同じ色をもってきて、ボトムにプリーツの入ったロング丈のスカートを選びます。プリーツの縦ラインでスッキリみえます。靴は同じ色のロングブーツを選びます。