今、健康・美容に最も注目されている水の種類に水素水があります。

水素水とは水素ガスを含んだ水の事で、老化や生活習慣病の原因とも言われている活性酸素を除去する作用があるといいます。

活性水素水、高濃度水素水など呼び方は様々ですが、これらはすべて同じようなものと考えて良いでしょう。

効果は老化や生活習慣病の予防だけでなく、新陳代謝が上がるために脂肪燃焼効果や冷え症改善などにも効果が期待できるといいます。
また、疲労物質を除去してくれるので疲れにくくなったり、記憶力の低下を防ぐ効果も期待できるのだといいます。水素水にはこのようないろいろな効果がある水として、近年注目されているのです。

水素水を作るには専用の機器で水を電気分解する方法、高圧をかけて水素ガスを水に溶け込ませる方法、マグネシウムを水に浸して起こる化学反応によって水素を生成させる方法などがあります。

水素の含有率が水素水の効果を左右するため、作る方法ではなく水素濃度が高い水素水であるということが大切です。

例えば電気分解する方法の場合は、機器によって水に溶け込む水素量に違いが出てくるため、機器の選び方に注意が必要になります。

また、仮に水素の含有率の高い水素水が生成されても、水素は時間が経つと抜けていくため保存には適していません。どの方法で水素水を生成したとしても、生成直後に摂取しなければ水素水の十分な抗酸化作用を得られないということになります。

ペットボトルに入った水素水が販売されていますが、これらにはほとんど水素が残っていないのだといいます。

ただし、容器によっては水に含まれる水素が保持されるものもあります。それがアルミ製の容器で、アルミボトルやアルミパウチなどに入った水素は保持力が高いため長期保存することも可能だといいます。

優れているのはアルミボトルの方で、アルミパウチの約2倍の期間保存が可能です。しかし、どちらも一度開栓すると水素が抜けてしまうため、飲みきってしまうことが大切です。