硬度を分類する基準とは

水を購入する際に注意したいのが水の硬度です。
硬度は水に含まれるカルシウムやマグネシウムの濃度で決まり、その濃度を算出する基準は国によって違いがあります。日本ではアメリカの基準が採用されているのだそうです。

硬度を分類する基準もいろいろあり、日本では硬度が100未満の場合は軟水、100以上300未満が中硬水、そして300以上を硬水としていますが、世界保健機構WHOでは120未満を軟水、120以上を硬水としています。

日本で採水される水のほとんどが軟水で、軟水はやわらかくさわやかな口当たりで、日本人が慣れ親しんだ水と言っていいでしょう。お茶を入れるのに適している、和食に向いている、石鹸が泡立ちやすいなどの特徴があります。

欧米のミネラルウォーターのほとんどが硬水

欧米に多いと言われているのが硬水で、そのため欧米のミネラルウォーターのほとんどが硬水となっています。ミネラル分が多いので、スポーツの後の不足したミネラル分の補給に適しているといいます。

また肉を煮込んだり、アクを除きたい時やコーヒーに向いています。硬水に多く含まれるマグネシウムには便秘を改善する作用があり、ダイエットにも良いと言われています。

ただし、硬水を飲みなれない人はお腹が緩くなることがあるので注意したいところです。また、飲みなれないことで味に飲みにくさを感じることもあるようです。

中硬水とは?

中硬水は軟水と硬水の中間なので、多すぎない適度なミネラル分を補給できます。和食にも洋食にも問題なく利用できるといい、緑茶やコーヒーにも合うといいます。

土地や国によって水の硬度に違いが出るのは、その土地の地質の違いが関係しています。ナチュラルウォーターやミネラルウォーターは地下水を採水していますが、そもそも雨水が地中に染み込んで地層中でろ過されて地下水となります。

その地層を通過する際に岩石からミネラルを吸収していくのですが、地層が石灰質でかつ滞留時間が長い欧米は硬度が高くなる傾向にあるのだといいます。水は硬度により様々な特徴があるので、用途により使い分けても良いかもしれません。