近年、水を購入するという人が増えています。スーパーやドラッグストアなどでペットボトルの水を購入して、水を常備している人も多くいますが、ウォーターサーバーを利用しているという人も少なくありません。ウォーターサーバーとは水の入ったボトルをセットして使用する器具で、病院やオフィスなどで見かけることも多いと思います。

水の安心安全が騒がれている今、一般家庭でもウォーターサーバーを設置することが多くなってきました。このように家庭でも一般的になってきたウォーターサーバーは、定期的に水を宅配することから宅配水とも呼ばれています。

ウォーターサーバーのメリットは、冷たい水や温かいお湯をいつでも使えるという点です。コストパフォーマンスも良く、サーバーのレンタル料は無料という所が多いのでそういう所を選べば、水とサーバーを使用する際の電気代のみがかかるだけです。電気代といっても電気ポットよりは安いので安心です。また、わざわざ重い水を買いに店まで行く必要もないというのも大きなメリットですし、なんといっても安全でおいしい水が飲めるというのが一番です。

ただし、ウォーターサーバーにもデメリットはあります。それはサーバーを置く場所が必要であるという点です。さらに予備の水を置くスペースも必要です。
住宅事情を考慮した上で設置を考える必要があります。メーカーによっていろいろなタイプのサーバーを用意していますから、自分の家に合ったタイプを選ぶと良いでしょう。もちろん、メーカーによって水にも違いがあります。

天然水や天然水に手を加えたミネラルウォーターなど、水は成分により味や硬度、機能に違いがあるので、よく選んで決めましょう。そして水が入っているボトルもメーカーによって使い捨てか、回収するのか違います。回収タイプのボトルの方が料金が安いといますが、サーバー代が掛かることもありますし、サーバーのメンテナンス代もあるので、料金を気にするのならトータルコストを考える必要があるでしょう。




スポンサーリンク



スポンサーリンク