シリカとは?

シリカ水は水晶から出来た活性ミネラル水溶液。美のプロ絶賛するほどミネラルが豊富です。シリカ、炭酸水素イオン、バナジウムなど美容に欠かせないミネラルが奇跡のバランスで含まれています。

ところでシリカとは、何でしょうか?

シリカとは珪素という必須ミネラルの一つです。体の中では、髪の毛、肌、骨、血管、爪、歯、軟骨、筋肉、細胞膜などに含まれていて、主にコラーゲンをつかさどるミネラルと言われています。

つまりハリとツヤに直結した活き活きとした美の成分なのです。このシリカ水の珪素には、コラーゲンを作る効果があるという訳です。他の美容成分と同じで20歳をピークに体内の珪素は減少してゆきます。珪素が不足するとハリやツヤが失われてしまいます。

そんなことからシリカ水はアンチエイジングに期待して飲まれている方が多いのです。

シリカ水は特殊製法で作られる!

珪素は、別名シリコンとも言われ、美容整形で頻繁に使用されますが、それだけ体内に入れても害のない栄養素ということです。

成人時には約18g程度存在しますが、加齢とともに体内量が減少していきます。体内で作り出すことができないため、外からの補給が健康を保つカギとなります。そこで生まれたのシリカ水です。

ところが珪素は、土や岩の中に存在する成分のため簡単に抽出することができません。もっとも珪素を多く含んでいる鉱石が水晶で純度99.9%の珪素で出来ています。この水晶を使ってシリカ水は作られます。ただし水晶は鉱石なので成分を吸収しやすい水溶性にしなければなりません。この特殊製法によってシリカ水は作られます。純度99.9%の水晶石を1,650℃で燃焼して溶解させた活性ミネラル水溶液です。

シリカ水の安全性

シリカ水を摂取するとすみやかに血清中の珪素濃度が上昇します。血液と一緒に全身の細胞へ届けられて役目を終えると尿中から排出されると考えられます。

このようにシリカ水は多くの健康食品とは違い体内動態がわかっていて遺伝毒性もない安全な食品成分です。またシリカ水の医薬品GLP基準安全性試験では、遺伝毒性がないことも確認されています。